ホーム ≫ ブログ ≫

☆研究学園校ブログ☆

[カッケー] 三四郎・相田さん 

IMG_0454
[カッケー] 三四郎・相田さん

 今回はお笑いコンビ三四郎の相田さんの著書「サマ」をご紹介したいと思います。ライフスタイルにかっこいい(カッケー)を追求した結果、理想を手にいれ、時には滑稽に映る相田さんの生活風景が垣間見え、エンタメとしての面白さを含んだ作品となっています。

 カッケーを目指す上で大切なのは、なんといってもその人の価値観です。ここでは相田さん流のカッケー価値観をいくつか見ていきたいと思います。例えばファッション。相田さん流に言うと大きなブランドロゴや名称が目立ち過ぎるのはナンセンス。Tシャツやバッグにしても、ブランドロゴありきではなく、機能美であったり素材・質感が高い仕上がりである方がカッケーのです。デザイン面から言うと、ありそうでなかった服。ちょっよした裁断の工夫や着た時のフィット感が良い服こそがカッケーのです。また、家電製品についてはよりシンプルな価値観で語っています。それは、大は小を兼ねるということ。性能、価格においては高い方を迷わず選べということです。掃除機でいえばダイソン一択とまで宣言しています。家電製品に関しては、部屋のサイズ感や用途が異なるため、相田さん流に「大は小を兼ねる」という理由だけで購入するのは実際のところ難しいです。そこを、本作品の中で相田さんはどんどん高い方を買っていくのですが、上手く使えたり使えこなせなかったりする様子がまた笑いを誘います。

 私たちも成長するにつれて独自の「カッケー」価値観というものを身につけて育ちます。それは芸能人であっても一般人であっても同じだと思います。万人に理解される必要もないし、時には失敗したり修正したりしながらそれぞれのカッケーを確立してゆくのだと思います。相田さんのカッケー価値観を参考に、自分の中の基準を改めて考えるよい機会となりました。
2023年01月27日 14:06

[読書力]本と学力

IMG_0362
[読書力]本と学力

 本を読む子どもは学力が高いのか?本作品ではこの問いに対して小中学生約4万人の調査データを元に徹底的に迫っていきます。また、読書への入り口となる読み聞かせの効用についても、子ども・親双方の脳反応から解析しています。

 読書が学力に与える影響についてまず明らかになったのが、小5〜中3の平日読書時間が30分に満たないと4教科の偏差値が50以下、30分以上になるにつれて偏差値50以上へと上昇していく傾向があるということです。ここには勉強時間は含まれていないので、純粋に生活の中に読書習慣がある子どもの学力が高いということを示唆しています。ちなみに、どの科目に最も影響を与えるかについても調査がなされていますが、国語の学力に最も貢献しているのは当然として、算数・数学についても学力に対する寄与度が見られました。算数の文章読解や論理力といった点に読書が好影響を及ぼしているようです。いわゆる「頭の回転が速い」という現象も、読解を通した言語理解の神経回路強化が進んでいる、という説明ができるようです。

 本作品では読書と同様に幼少期の読み聞かせも脳内の情動を司どる分野や言語理解分野を成長させることを示しています。小学校に上がる前段階からの読み聞かせをすることで、国語力と共に感情・心情の成長を期待することができるようです。読書力を幼少時に身につけさえすれば、あとは本人の興味に従って読書を積極的に行っていくことでしょう。幼少期、学齢期からの読書経験がその先の高校入試や大学入試にまで通ずると考えれば、読書がいかに身近で、かつ有用なものであるかが分かります。

 
2023年01月12日 14:45

[勉強]勉強法の極意

IMG_8415
[勉強]勉強法の極意

 今回は集団、個別、家庭教師、映像授業...あらゆる形態の受験指導を経験した秋山氏による著書「勉強」より、勉強の極意とは何なのかを考えていきたいと思います。
本作は勉強に関する指導論のみならず、生徒・保護者対応、進路指導まで踏み込んだ運営面に関するアドバイスも満載で、受験生のみならず塾講師が読んでもためになる一冊です。

 まず、小学生や中学生など、精神面が完成されていない学年に向けてできることは、「生徒の勉強そのものを褒める」ということです。目標とする点数や学習量に対して、どの程度学習できたか、習慣化できたか、その姿勢を評価する必要性を述べています。ある程度自発的に学習できる高校生、大学受験生と異なり、小中学生に対する指導はこうした学習に対する向き合い方、取り組み程度、課題をこなすといった観点から見守るとよいそうです。そして、学年が上がるにつれ、学習の技術的側面や演習量の確保といった次元へと指導スタイルを柔軟に変化させていきます。

 勉強の具体的な極意について、たとえば文章題や応用問題への向き合い方があります。応用力が身につかないなどよく話題として出てきますが、その原因はもう少し手前の基礎・基本がしっかりできていないことにあると言います。「しっかり」できているとは、その問題を百発百中できるという意味です。大人が足し算や九九の掛け算を間違えないのと同程度の完成力が「しっかり」なのです。ここの見極めが甘いまま先に進んでしまうと、文章題が解けない、応用が利かない、イージーミスが多いなどという現象が出てくるのです。「しっかり」は英単語などの暗記モノにも言えることで、単語帳を覚えるのであれば、3周では少なすぎます。5周、10周と繰り返し目に通し、しばらくは忘れない程度になって初めて暗記したと言えるのです。

 このように、勉強の極意はごく初歩的なところにあります。基礎・基本を「しっかり」行うことができていれば、その先の個別具体的な科目学習や演習は自ら主体的に進めることができるのです。そういう段階にある生徒は個別指導や映像授業、どんな指導形態でも成績を伸ばしていくことができるでしょう。逆もまた然りで、学習の基礎・基本が抜けた状態では一流のクラス授業、有名講師の映像指導を受けても活用しきれないということです。まずは上記の勉強の極意を身につけた上で、自身に合った指導形態を見つけてみてはいかがでしょうか。
2022年12月24日 13:05

[最高の子育て]子どもの才能を見極める

IMG_8416
[最高の子育て]子どもの才能を見極める

 今回はハッピーエデュ代表はせがわわかさん著の「頭のいい子にする最高の子育て」より、子どもの学習に関する効果的な指導法をご紹介させて頂きます。本作品は主に未就学児の生活、コミュニケーション、遊び、学習に関して科学的に論じていますが、その中のいくつかは塾に通う年齢の子どもたちにも応用が効くものだと思います。

 子育てのベースは遺伝的要因と環境的要因双方の影響を受けるので、どちらかを過剰に重視したり、無視することはよくないと述べられています。環境的要因は、各家庭での教育方針、利用する教育機関の指導方針の影響を多分に受けます。この点、ある程度保護者が望む方向性に合わせた学習・教育環境を用意することができれば、子どもは自然と環境から学び成長していきます。一方、遺伝的要因はどうでしょうか。子どもは親のパーソナリティをある程度受け継ぎますので、逆に言えば、親のパーソナリティをまず把握し、それに応じた教育、子育てをするとスムーズに成長させることができるということです。本作品の中では、親のパーソナリティを「行動・ポジティヴ型」「情緒安定・自身型」「努力・自制型」「冷静・熟考型」「調和・利他型」「感性・信念型」に類型しており、これらのどれかに当てはまるか、複数の性質を持つ場合、その型に合ったコミュニケーションと子育てが有効であると述べられています。たとえば、保護者が冷静・熟考型なのに、子どもには社交的になってもらいたいあまり行動・ポジティヴ型の指導、押し付けをしても子どもは全く受け入れないということです。

 また、皆さんが気になる習い事に関してですが、未就学児や低学年の子どもが自ら将来に役立つ習い事を選択することは不可能です。そのため、スタートの段階では親が選択肢を提示し、それらの中から子ども自身が「選んだ」と思えるように誘導することを勧めています。後々習い事を辞めたり変えたりすることが発生したとしても、その時点で子どもが主体的に楽しんでいたり、どうやったらできるかな、上手くなりたい、頑張りたいといった肯定的な気持ちを感じることができれば十分であると述べられています。こうした感情は、成長した後の自己肯定感や有能感、受容感につながります。勉強系の習い事に関しても同じで、難しいドリルや課題を解けることよりも、比較的簡単に解けて達成感ややりがいを感じられるレベルの授業がお勧めです。簡単な課題ばかりこなしていても、まずは苦手意識を持たせない達成感が大切です。論理的思考力が育まれ出す8歳~9歳ころにはスムーズに文章題や図形問題へ取り組むことができるようになると述べられています。

 子育てについて考えるとつい環境的要因ばかりに目が向いてしまいますが、上記の様な遺伝的要因も加味した子育てが大切なようです。子どものパーソナリティに合わせた教育指導は何歳からでも有効です。日ごろの子どもの様子をよく観察し、最適な学習環境を少しずつ作り上げていきましょう。
2022年12月03日 14:37

[すごい貯蓄]必要なのは貯蓄力!

C6A5EEA0-D3B7-41BB-B5D4-8A85AA109BCF
[すごい貯蓄]必要なのは貯蓄力!

 今回は20代サラリーマンにしてセミリタイア可能な額の貯金を達成したくらまさんの著書「すごい貯蓄」をご紹介します。リスクのある起業や一発逆転ではないところからの資産構築について、徹底した貯蓄行動を勧めています。全てを真似ることはできないとしても、コストカットや一を積み重ねる基本的な考え方は大いに参考にできます。

 タイトル「すごい貯蓄」とある様に、本作品のメインテーマはいかに貯めるかにあります。貯めたお金を防衛し、増やすことに関しても記載されていますが、やはりこの本の強みはまず貯蓄に特化せよと言い切っている点です。その過程について、100万円の壁、500万円の壁、1000万円の壁という様に各貯蓄レベルに到達するにはどうすべきかを指南してくれています。面白いのは、それぞれの段階でどの様な心理になり、貯まっていくに従ってどう考え方や行動が変化するかをリアルに語ってくれている点です。方法論のみならず、貯蓄を築いた者の心理的変化を先取りして知ることができるのです。難しい資産運用はできなくても、貯蓄力のある人の行動原理を日々の生活に取り入れることは今日からでもできます。短期的な成功ではなく、長期的な人生の構築にはこの貯蓄力が後々になって大きく活きてくることがよく分かります。

 今年に入ってからの円安や物価高騰の影響を受け、国内でも生活防衛への意識が高まりつつあります。その生活防衛の中でも最初の一歩となるのが、本作品にもある貯蓄力だと思います。一気に物事を好転させることはできなくても、今日の行動や考え方を少しずつ変えることはできるでしょう。「貯める」という基本的な行動の大切さを改めて感じさせてくれる一冊です。
2022年11月04日 15:06

[YouTuber]勝てる土俵で勝負する

15890B0A-CC20-48F1-8AA4-510003752180
[YouTuber]勝てる土俵で勝負する

 国内トップクラスYouTuberのヒカルさんが、今回は動画ではなく書籍という形で作品を世に出しました。自身の生い立ちと、YouTuberになっていく過程、トップを目指すための行動と工夫の記録がここに記されています。

 本書の中でヒカルさんは、YouTuberとしての勝ち方と、一般社会での勝ち方には共通点があると述べています。例えば、「言葉」。言葉を制する者が全てを制すると述べています。ヒカルさんの動画が多くの人を寄せ付けるのも、圧倒的なトーク力と話術にあると言います。バズる動画とはつまり、一気に人を引き込む言葉と、文字による力が大きいのです。そして、その言葉を大切にするためにも、ヒカルさんは文字を書き続けたり、自分の頭で考え続けることを勧めています。また、「アイデア」も私たちが生活していく上で常に欲しているものの一つです。ヒカルさんによれば、アイデアとは既存の知識のかけ合わせであって、天才だから思いつくものではないと言います。自分が強みを発揮できる分野に、何か面白そうなもの、人が欲しているものをかけ合わせるだけでもいいのです。仮に二番煎じだとしても、そこにあなた独自の面白さが加わっていれば、本家よりも注目を集めることだってあるのです。YouTuberにとっての生命線と言っても過言ではない企画力も、日々アイデアを探し続けることからしか生まれないと言います。相手の求めるサービスや影響を狙って企画を打ち上げ、反応を見て、改善する。一般のビジネスパーソンがやっている事と、YouTuberがやっている事がここまで共通していることに驚きました。今回の作品は、ヒカルさんのファンはもちろん、YouTuberという職業に興味がある学生にもおすすめのものとなっています。
2022年10月13日 15:32

[東京の子]働き方改革の未来小説

5E5087EF-8F66-4CB5-A5B3-0D62A1EDE71D
[東京の子]働き方改革の近未来小説 

 舞台は東京オリンピック後の日本。有明に建設された新しい形の大学「東京デュアル」では約4万人の学生が、提携先の企業で働きながら学んでいます。衣食住は大学施設内で格安に提供され、奨学金も提携先企業で働くことにより無利子で貸与。この学びと労働を一体化した新しい取り組みの近未来型大学で、ある日一人のベトナム人留学生が姿を消すー。その学生の捜索を依頼されたのが、アンダーグラウンドで生計を立て、過去の自分を捨てた主人公。街中をアクロバティックに動き回るパルクールを得意とし、東京の街を自在に飛び回ります。大学・企業の運営と国策、学びと労働の裏に見え隠れする社会問題に主人公と共に切り込んでいくスリル満点のストーリーです。

 パルクールを特技とする主人公の活躍が魅力的なのはもちろん、真相に近づいていく展開のスピード感も読者をひきつけます。オリンピック後の跡地の高層マンション郡やコロナ禍で人出の減った新宿など、現代とリンクする場面描写も親近感をわかせ、よく描かれていると感心します。日本に浸透しつつある技能実習制度、フリーランス、複業といった働き方の正の面、負の面に迫っていくことができます。複雑化する社会で生きる、自由に働くとはどういうことかを考えさせられます。未来を描いているとはいえ、すでにニュースで報道されているような外国人技能実習制度、インターンシップ、フリーランスという言葉と深く関係している作品であり、これから社会に出る高校生・大学生に大いに役立つ内容となっています。
2022年10月01日 16:17

[4000週間] 生産性の罠

B4DAADD1-5FA1-4B2B-A3CD-53C0F27DAE3A
[4000週間] 生産性の罠

 タイトルに記した4000週間とは、人間が80歳まで生きた時の期間を表しています。120歳まで生きたとして6400週間です。今の自分の年齢とこの期間を見比べると、意外に残りの時間が限られていることに気づきます。「限りある時間の使い方」(オリバー・バークマン著)は、よくある生産性アップや効率化、デジタルタスキングの盲点を指摘し、新しい角度からの時間術を提案しています。

 現代を生きる私たちの社会では、より発展すること、変革すること、前進することが当然のようになっています。ほめる教育指導...、360度の人事評価...、コーチング...、セラピー...といった制度や技術も現代になって隆盛しています。さらにはライフコーチ、ライフスタイルコンサルタント、セラピストとキリがありません。コーチングにしろセミナーにしろ、その種類だけ生き方が多様であっていいということの表れではないでしょうか。誰にも叩かれない正しい生き方、働き方なんてないんだと気づかされます。本作品では、内面にフォーカスし過ぎる現代人に警鐘を鳴らし、まずは社会とのつながりの中の自分−家族の中の自分、友人にとっての自分、コミュニティの中での自分−にまず目を向けてみよと説きます。時間をコスパ化するのではなく、有限の時間をまず受け入れるのです。有意義に時間を使えたと感じる時間は、コスパで捻出したわずかな時間ではなく、友人や家族のために使った時間、自分の好きなことに費やした時間であると感じるかもしれません。

 
本作品の後半では、何もしない本当の余暇と、平凡な趣味を持つことを勧めています。初めから短いと決まっている人生だからこそ、慌ただしく過ごす週末ではなく、ただ休むための余暇を味わう。将来のためになるからではなく、ただ好きというだけで行う趣味を持つ。その時間はそれしかしないと決めることで諦めとゆとりが生まれ、忙しさの悪循環を断ち切ることができるのです。平成までのひたすら効率を追求する時間術・ビジネススキル系の本とは違った視点を取り入れるのにオススメの一冊です。
2022年08月27日 17:06

[ミッドナイトライブラリー] 人生をやり直してみたら...

9FB7B8D4-DC2F-4626-A596-5C8DA453717A
[ミッドナイトライブラリー] 人生をやり直してみたら...

 生死のはざまに意識の中に現れた真夜中の図書館。ここには自分の人生に関するあらゆる過去の記録と、選ばなかった人生のあらゆる選択肢が収蔵されています。恋人とも別れ、仕事もクビになった主人公ノーラ。自らの人生を断ち切ろうとしたその時、ノーラの中に真夜中の図書館が姿を現します。今まで選ばなかった人生のあらゆる可能性を試してみた結果、ノーラがたどり着いた結論とは。今回は海外小説から「ミッドナイト・ライブラリー」(マット・ヘイグ著)をご紹介します。

 真夜中の図書館でノーラが最初に目にしたのは分厚い「後悔の書」。今までの人生の中の様々な後悔、行動しなかったことが書かれています。ノーラはこれらの中から、行動する選択肢、子どもの頃望んでいた人生のルートの選択肢をいくつか追体験してみます。選ばなかった人生の追体験をする中で、ごく小さな決定や行動が周囲の人々や自分の環境に大きな変化を及ぼすということに気づきます。父親の薦めるスポーツでオリンピックまで登り詰めるも、家族関係や精神状態は理想とはかけ離れていたり。趣味だったバンド活動を続けてメジャーデビューまで果たすも、現実の自分が思っていた幸福はつかめていなかったり。選びうる成功、好きな自分を追体験してみても納得できる人生が見つかりません。そして、心から納得しない限り、真夜中の図書館から抜け出すこともできません。理想の人生を探すのに疲れ果てたノーラも、図書館からいよいよ決断を迫られます。成功した自分、恵まれた家庭を築いた自分、平凡な自分...ノーラはついに意を決して図書館を去ることに。

 どんな人でも戻ってみたい人生の瞬間、決断の瞬間、進路、仕事があると思います。あちらを選んでいればきっと成功していた、あの会社で働いていたら今ごろこうなっていたなど、選択し直したい人生は誰にでもあるはずです。過去の選択を選び直す権利を与えられた主人公ノーラは、私たちのそんな希望を身をもって体験してくれます。そして、どう感じ、どう周りの環境が変化するのかも読者に示してくれます。文章全体を通して伝わってくるのは、完璧な人生は用意されていない、全員から素敵だと認められる人生はどこを探しても見つからないということです。また、人生はトレードオフということです。理想とする自己実現と夢を実現した結果、家族は切り捨てる結果となるかもしれません。理想の人間関係に囲まれた結果、都会とは離れた町で静かな暮らしを送ることになるかもしれません。400ページ超の長編小説ですが、人生の「もしも」を思い通りに体験するというわくわくする感覚は、その長さを全く感じさせません。時間の取りやすい夏休みの間におすすめの一冊です。
2022年08月11日 12:11

[ななみの海] いい大人になりたい

8E920A3E-62F7-40BA-B93F-2414631AB3B0
[ななみの海] いい大人になりたい

 
本日は国語の入試問題への出題も多い朝比奈あすかさんの最新作「ななみの海」(双葉社)をご紹介します。朝比奈さんの作品は会話の部分と情景描写の部分とのバランスが絶妙で、よどみなく読み進められる点が特徴です。登場人物の心情の動きが読み取りやすいことが、入試問題として取り上げられやすい要因の一つではないかと思います。

 主人公の岡部ななみは児童養護施設に中学1年生のころから暮らす高校2年生。部活動や学校生活も充実させながら、「施設の子」だから馬鹿にされちゃいけないという強い思いから医学部を目指すことになるのですが...。ななみは施設内でも学校でも問題を起こすことなく、バランスのよい人間関係を維持しています。自分の感情をコントロールし、大人の対応を早くから身につけています。しかし、表の人間関係を上手く回すことができていても、自分の心の言い知れぬ不安や、施設で暮らすことになったことへの不満は抑え切れません。ときに施設の子どもたちやそこで働く職員を突き離した目でとらえたり、どこまでいっても他人であることによる距離感の取り方に、ななみの気持ちは揺れ動きます。大人の事情で惨めな思いや、かわいそうな子どもを生み出したくない。自分は絶対にそうならない。そうしてもがきながらも、ななみ自身の人間的成長が、他の施設の子どもたちや友人たちの変化と共に語り進められていきます。

 10代の多感な時期の心情や行動の深層を実によく表した作品です。児童養護施設という環境にいる自分は、周りと同じではないと鬱屈した気持ちに何度もななみは陥ります。しかし、ななみから見たら普通の「家の子」の友人たちにもそれぞれ隠したい家庭事情、家族関係があるのだと徐々に気付いていきます。迷ったり葛藤しつつも努力して大人への一歩を踏み出すななみの成長は、今を生きる中高生にオススメの内容です。
2022年07月20日 14:03
新・個別指導Better up(ベターアップ)

新・個別指導
ベターアップ

所在地

〒305-0817
茨城県つくば市研究学園
5-16-3 日信ビル2階

電話番号

029-875-7727

営業時間

14:30~21:00

定休日

日曜・祝日

塾概要はこちら

モバイルサイト

新・個別指導 Better up(ベターアップ)スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら